水着ギャルが倒れてきて

海でのんびり体を焼いていると、前を通った水着ギャルが転んでしまい、僕の方に倒れてきたのです。
そして、僕の上にうつ伏せで乗りかかったのです。
水着ギャルは、顔を真っ赤にしていました。
僕も、突然のことでビックリしてしまいました。
水着ギャルは、「すいません、すいません」と何度も謝りましたが、僕は「いえいえ、気にしないでください」と言いました。
その後、水着ギャルが頭を下げながら去って行きましたが、実は僕のチンポはビンビン状態でした。
何せ、水着ギャルに上に乗られたわけですから。
しかも、顔もまあまあ可愛かったですし、胸もそこそこ巨乳でした。
そんな女の子に乗られたら、チンポも元気になるに決まっています。
もちろん、今夜のオナニーは、水着ギャルをおかずにしました。
まさか、海でオナニーのおかずを手に入れられるなんて、思ってもいませんでした。
これに味をしめた僕は、今年はいつも以上に海へと行きました。
もしかしたら、また水着ギャルが、僕の上へ乗ってくれるかもしれません。
ただ、さすがにそう都合良くいくはずがなく、結局あの時以来、水着ギャルが上に乗ることはありませんでした。
でも、また来年もめげずに、海へ行って水着ギャルに乗ってもらいます。

連絡先をちゃんと聞こう!

合コンでは、自分がターゲットとする女性だけに優しくすればいいものではないと言う事は、今までの文章で、何度もお話してきたのですが、一番忘れてはいけないのは、相手の連絡先を聞くことなのです。
これを忘れてしまったら、何も始まらないと言う事なのです。
合コンでとっても楽しかったし、印象もよかったのに、一番大切な連絡先を聞き忘れたというのが一番やってはいけないパターンなのです。
今度どうせまた会えるだろうというような気持ちではだめなのです。
合コンは一期一会、これを忘れてはいけません。
合コンに参加し、自分が気に入った人がいたからといっても、力み過ぎては、単なる空気の読めない人というだけになってしまいますので、まずは、落ち着いて、自分をしっかりもって行動する事なのです。
しっかりと自分をアピールしてからでも、彼女にも周りにも好印象というものを与えることはできます。
まずは、自分が好きだと言うターゲットを一人に絞って、まずはその人と話をしてみるのです。
自分がこれだと思った人が、出会い系サイトで知り合った本人であれば、今後も話はできるのですがもしも違う人がいいと思った場合、必ず連絡先を聞いておかなければいけません。
今回合コンに参加し、実際とっても迷ったのですが、迷った結果、出会い系サイトで出会った女性に絞ったのです。
彼女は、この合コンを考えた幹事でもありましたし、そうなると、ちょっとやり方が変わってきます。
というのも、彼女は、いつでも出会い系サイトから連絡がとれるので、とりあえず、先に周りの印象を良くしようと思って、私は作戦に出たのです。
自分の同僚には、ターゲットに絞っているという事をアピールし、そして、彼女の同僚にも自分の印象をよくもってもらう仕事をしていくのです。
ちょっとずつちょっとずつ、この行動をしいていく事によって、今後に大きな利益として帰ってくるのです。
合コンが終わっても、そこで終わりではありませんので、気を抜いてはいけません。
合コンが終わったらすぐに相手の連絡を入れるのです。
今日は楽しかったよ、この一言だけでもメールっを送っておくだけでも印象というのは、大分変わってくるのです。
男性側からすると、彼女に自分の存在を分かってもらい、そして、自分んの印象を強く持ってもらおうと言う事なのです。
この話というのは、合コンん自体が大成功に終わったという事を前提としてのお話です。
付き合う付き合わないは別としても、合コン自体は、大成功に終わった方が参加した相手も悪い気はしませんよね。
皆勘違いしていると思うのですが、合コンというのは、その合コンが決選の場という訳ではなくあくまでもきっかけ作りの場所なんだと言う事なのです。